MENU

再生エネルギーの安定運用にはiotによるサポートが欠かせない

これまで化石燃料に大きく依存していた発電を自然エネルギーや再生エネルギーへ切り替えようという動きが活発になっています。
中でも、大規模なソーラーシステムによる発電は日本のエネルギー産業を大きく変えるのでは期待されています。
とはいえ、再生エネルギー施設は天候の変化など外的な要因で容易に破損してしまうことがあり、それがコスト増大を引き起こしていました。そこで、導入されたのが「iotを搭載した監視システム」です。

再生エネルギーの施設は屋外にあるため、監視員が常駐するというのは困難です。
そこで、セクションごとに発電状況を送信するデバイスを作り、それをリアルタイムで管理PCへ送信するというシステムを採用しました。PCにはAIが搭載されており、想定外の稼働状況になった時には即座に担当者の持つデバイスへ信号を送るようになっています。

AIは毎日稼働状況に関するデータを蓄積して分析し、どのセクションにある発電システムがトラブルを起こす可能性があるか、間もなく交換するとよいのはどこのパーツかなどに関してもデータを作成してくれます。
こうしたiotシステムによるサポートのおかげで、深刻なトラブルが発生する前に交換作業などを行うことができるため、全体としてスムーズに発電プロセスを継続することができるようになっているのです。
近い将来には、WEBカメラと連動させてソーラーパネルの状態を監視し、パネルの劣化に関する情報をリアルタイムで通知させるというシステムも企画されています。

リアルタイムで送られてくる情報は膨大になるので、データ通信にかかる費用も高額になりがちです。
そこで役立つのが「事業者向け格安SIM」です。このSIMはいろいろなデバイスで利用できるうえ、通信費用が低額という大きなメリットがあります。
例えば、MVNOのbsimも回線そのものは、大手キャリアのものなので、通信速度も十分です。
これにより、管理コストを上昇させることなく効率的な監視システムの運用が可能となっています。