MENU

公共工事の円滑化にiotシステムが大きく貢献している

業務の円滑化・効率化を目指しているのは民間の企業だけではありません。
公共事業を担当する自治体も当然ながら業務効率の向上を目指しており、中にはiotシステムを導入することで大きな成果を上げているケースもあります。
では、どのようなデバイス、つまり「モノ」にインターネットを接続しているのか調べてみましょう。

多くの自治体が導入しているのは「巡回車両にデバイスを取り付けてビッグデータの形成を図る」というシステムです。
具体的には、保有している各車両の下部に表面センサーを取り付け、随時路面状況をチェックさせるというものです。GPSとリアルタイムで連動させることにより、自治体の管理PCにはトラブルが発生している場所と路面の状況が随時アップされ、工事が必要とAIが判断した個所に関してはすぐに担当部署へ報告が送られるようになっています。

このiotシステム導入により、路面調査のための時間とそれに伴うコストを大幅に削減されました。
また、路面の破損が深刻化する前に対処できるというメリットも生んでいます。加えて、iotシステムには工事の履歴データが保存されているので、それに基づいてAIが解析を行うことにより、将来的にどのエリアで補修工事が必要となるかをある程度推測することも可能ということです。

道路の修復が必要かどうかを自治体の担当者が適切に判断するためには、車載デバイスから送られてくる画像データの解像度が高くなければなりません。
そうなると、必然的にデータ通信の使用量が増大してコストがアップします。また、ユニークな車載用のデバイスを準備することにも時間と費用が発生します。
そんな悩みを解決してくれているのが「事業者向けの格安SIM」です。bsimの料金はとても安いと評判です。この格安SIM月々の利用料金がとても安いことに加えて、一般的なSIMとは異なり、さまざまなタイプのモバイルデバイスに対応しています。そのため、不要なコストを抑えたい自治体では大変重宝されているのです。