MENU

農作物の栽培・管理にもiotが役立っているって本当?

農作物を育てるには知識と経験が不可欠とされてきました。
ビニールハウスなどを活用することにより、天候の影響を受けにくくはなってきたものの、水分量や湿度などに関して繊細な管理が要求される農作物は少なくありません。
とはいえ、人力で24時間監視するのは現実的に困難です。そうした農家が抱えるジレンマの解消に役立っているのがiotシステムによる常時監視です。

最も一般的なiotシステムは、ビニールハウスの中にある湿度計および温度計のセンサーからPCへ随時モニタリングデータが届くようにするというものです。
そのデータが一定の許容値を超えた場合には、システムが自動的にスプリンクラーを作動させて水中の水分を増やしたり、湿度を向上させたりします。
また、WEBカメラを通して植物や樹木、果樹の状態をサンプリングおよび解析し、病気や害虫の被害に遭わないよう常時監視するということも可能です。
WEBカメラを使う際には、ocnの固定ipは料金に問題はないでしょう。
加えて、数年にわたりデータのサンプリングを行ってビッグデータを構築し、AIに最適化を行わせることにより、特定の品種に関して収穫量を最大にするためにはどんな世話をしたらよいのかという点が明確になる、という効果も期待されています。

とはいえ、データ解析の効果を高めるためには、精度の非常に高いWEBカメラを設置して、樹木あるいは植物の表面を細かい部分まで観察できるようにする必要があります。
そうなると、デバイスからPCへ送信されるデータ量は膨大になり、通信コストもかなり高くなります。
とはいえ、畑やビニールハウスまで常に有線のインターネット回線が届くというわけではありません。そこで活用されているのが事業者向けの格安SIMです。
事業者向けの格安SIMを導入することで、快適な通信速度のインターネットを、一般的なキャリアのSIMよりもかなり安く利用することが可能となります。モバイルデバイス向けなので遠隔地でも導入しやすいというのも大きなメリットで、多種多様な農作物の栽培に活用されていくと予測されています。