MENU

iotの活用範囲は事業者向け格安SIMによって大きく広がっている

iot(モノのインターネット)によって日常生活はさらに効率化されると期待されています。
インターネットのデバイスとしてこれまではスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末、およびPCが一般的でした。これが状況の変化により、センサーを搭載できるものであればなんでもデバイスとしてインターネットとつながることが可能になってきたのです。
そして、その土台の一端を支えているのが「事業者向け格安SIM」です。

iotの大きな魅力は、インターネットを通じてリアルタイムでデータを管理し人手を介さずに様々なアクションを実行できるということにあります。
また、集積したデータつまり「ビッグデータ」を分析して最適解を導くというのもiotの強みでしょう。とはいえ、リアルタイムでデータをチェックするということは、常時大量のデータ通信が発生するということになります。
また、iotシステムへデータを送信するデバイスが多くなればなるほど、通信量も膨大になるというのは自明の理です。

iotによる大量のデータ通信を安定的に実行するためには、ocnの法人向け、固定ip8などのプラン、一定料金で確実性の高い固定回線を敷設するというのが一般的な手法でした。とはいえ、この敷設工事そのものにかなりの費用が発生します。
一方、モバイル通信は、施設やケーブルの設置が不要となる反面、通信のデータ量に応じて利用料金がアップするため、やはりコストが膨大になってしまうというデメリットがありました。

事業者向け格安SIMでは、大容量のデータ通信に対応しているうえ、コストを大幅に抑えることができるというメリットがあります。
データ通信の回線は大手キャリアからレンタルしているものですから、不安定になるというリスクはほぼありません。
加えて、一般的なモバイル端末だけでなく、各種センサーやカメラなどの端末にも幅広く対応しています。ですから、iotを低コストで導入したいという企業から大きな支持を獲得しているのです。